スポンサーリンク

黒髪キープ!!白髪を予防・改善する大切な栄養素7つ!

黒く美しい髪の毛ヘアケア

アラフィフになると、老化は加速していくばかり。気づくとこんなに白髪が増えていたと思う人も多いのではなでしょうか?

このままの生活を続けていれば白髪はどんどん増え続けるばかりです。

でも、まだまだ諦めてはいけません!

白髪が増える要因の一つは栄養不足です。体の内側からケアをすることで、黒髪をキープし白髪を増やさない頭皮づくりを目指しましょう。

そのためには日々の食事を見直すことが大切です。

そこで今回は白髪を予防・改善して黒い髪をつくるための大切な栄養素についてまとめてみました。

そもそもなぜ白髪ができるの?

私たち日本人の髪が黒く見えるのは、黒い色の素となるメラニン色素が入っているためです。

そのメラニン色素はメラノサイトという色素細胞で作られている、ということを前回記事でご紹介しました。

白髪が増える理由は、そのメラノサイトの機能の低下によるものです。

メラノサイトには毛細血管から栄養が届けられており、その栄養が不足してしまうと、メラニンがつくられなくなり私たちの髪は白髪が増えるということに…。

しかし逆をかえせば、メラノサイトの機能を活発化させてあげれば白髪の予防改善に最も効果的とも言えるのです。

インスタント食品、コンビニ弁当、外食…便利なものにあふれている現代ですが、実は黒い髪を作るための栄養素が不足しているかもしれません。

ぜひ、あなたの食生活を思い出しながら、白髪を予防・改善するための大切な栄養素をチェックしてみてください。

白髪を予防改善するために効果的な栄養素7つ!

たんぱく質

タンパク質

たんぱく質は、筋肉内臓血液皮膚、骨などを作るのに欠かせない栄養素です。

意外ですがもたんぱく質からできています。

具体的には、髪の毛の約8割はケラチンという18種類のアミノ酸が集まったたんぱく質でできています。

質の高いケラチンを作るため、つまり健やかな黒い髪を育てるためには、良質なタンパク質を毎日きちんと摂取することが必要不可欠です。

たんぱく質を多く含む食材

  • 肉類
  • 魚類
  • 大豆製品
  • 乳製品

EPA・DHA

魚の油に含まれるEPAとDHAは、血流をサラサラにしてくれる効果が高く、私たちの健康維持に欠かせせない重要な栄養素です。

もっとも髪においては、加齢による血流の悪さを改善し、髪の毛に栄養を行き渡らせやすくする効果があるため、白髪の予防・改善につながる効果が大変期待できます。

(多くの健康番組でも白髪予防の最強食材と取り上げられていますね!)

EPAがDHAを多く含む食材

  • サバ
  • イワシ
  • 本マグロ
  • アジ・・・など

チロシン

チーズ

チロシンはたんぱく質の中のアミノ酸の一種で、肉や乳製品などに多く含まれる成分です。

チロシンは、メラニン色素の原料となっている栄養素です。
メラノサイトによって、チロシンからメラニン色素が作られているのです。

チロシンが不足してしまうと、髪が伸びても髪には色素が入らず白いまま、つまり白髪が生まれてしまうことになります。黒い髪をつくるためにもチロシンは欠かせないものです。

チロシンを多く含む食材

  • チーズ
  • 大豆食品
  • 魚卵
  • ナッツ類
  • ちりめんじゃこ
  • カツオ

ヨード

ワカメ

ヨードとは、ヨウ素というミネラルの事です。主にワカメや昆布など海藻類に多く含まれています。

ヨードにはメラノサイトを活性化するという働きがあります。ヨードを摂取することで、メラノサイトの新陳代謝が促進され、メラニン色素を作り出す機能が高まるというわけです。

(海藻類が髪の毛にいいというのはここから来ているんですね!)

ヨードを多く含む食品

  • ワカメ
  • 昆布
  • ひじき
  • サバ
  • イワシ
  • カツオ

エビ

メラニン色素はチロシンから作られていますが、そのためにはチロシナーゼという酵素が必要になってきます。

つまりチロシンはチロシナーゼと結びあってはじめて、メラニン色素が作られるということなんです。

ちなみに、このチロシナーゼは銅なくしては正常に働いてくれないのです。銅が不足するとチロシナーゼが活性化できなくなり、メラニン色素を作ることができなくなるため、白髪の増加につながってしまいます。

黒い髪を育てるためにも、銅が多く含まれるミネラルを積極的に摂ることも大切です。

銅を多く含む食品

  • 魚介類(エビ・カニ・イカ等)
  • するめ
  • レバー
  • 納豆
  • ココア
  • ナッツ類
  • ドライフルーツ

亜鉛

牡蠣

亜鉛も、髪にとって必要不可欠な栄養素です。

髪の主成分はケラチンという、タンパク質の一種であることを上でも説明しましたが、それを合成するのに大切な役割を担っているのが亜鉛です。

しかし亜鉛は、慢性的に多くの人が不足しているミネラルとも言われています。

意識して亜鉛を含む食品をとるように心がけましょう。

 亜鉛を多く含む食品

  • 牡蠣
  • 豚レバー
  • 牛もも肉
  • タラバガニ

葉酸

アスパラガス

メラノサイトには、毛細血管から栄養が届けられています。

葉酸は、体内で血液を作る「造血」の働きを担っており、血液中のヘモグロビンを生成して、体中の隅々まで必要な栄養素を届けています。

葉酸自体には髪を生やす働きはありませんが、髪の成長をサポートする作用があります。

 葉酸を多く含む食品

  • レバー(鶏レバー、牛レバー、豚レバー)
  • パセリ
  • モロヘイヤ
  • アスパラガス
  • 春菊
  • 枝豆
  • ほうれん草
  • 芽キャベツ

さいごに

白髪を予防・改善して黒い髪を作るための大切な栄養素を簡単にまとめてみましたが、いかがでしたか?

ひと通りみていくと、健やかな黒髪を作るのためには様々な食材が必要だということが分かります。何事もバランスが大切ですね。

自身のこれまでの食生活を確認しながら、今後は不足しがちなものを積極的に補いつつ、色々な栄養素をバランスよく摂るように心がけましょう♪

白髪予防・改善最強レシピ!?についてはこちらもぜひ♪

コメント