スポンサーリンク

アラフィフでもツヤ髪になれるトリートメント術。まるでサロンの仕上がり!

ツヤのある髪ヘアケア

若い頃は何もしなくても天使の輪があったのに、気づくとパサパサに…。

アラフィフになると、なんと言っても老け見えしてしまう要因のひとつが、髪の毛のツヤですね…。

せっかく高めのトリートメントを使っていても、以前より効果が感じられなくなってきたなと思っていたところ、最近テレビで見かけたトリートメントのやり方を実践してみたら・・いつもと違う!!

美容サロンのような仕上がりのツヤ髪になれたので、今回は、そのトリートメント方法をご紹介します。

家でもできる!ツヤのある髪を取り戻すトリートメント方法

ポイントは

  • お風呂の中で使う洗い流すタイプのトリートメント
  • お風呂の外で使う洗い流さないタイプのトリートメント

の2ステップです。

「いや、すでに両方やっているわよ」という人も多いと思いますが、少しだけひと手間かけるんです。

用意するもの

上記2種類(洗い流す・洗い流さないタイプ)のトリートメントともに

  • 目の粗いクシ
  • タオル

を用意してください。

サロンのような仕上がりになるために、クシを使うことがポイントになります。

では、その方法を見ていきましょう。

トリートメント効果を上げるためのシャンプーのやり方

シャンプー

その前に・・・

トリートメントの効果を高めるには、何よりも正しくシャンプーを行うことが大切です。

そしてシャンプーをしながらマッサージを行うと、より効果的が高まります。

  1. 指の腹を耳の横に当て、頭皮をつまむように揉みながらシャンプーする。
  2. 下から上に頭皮を押し上げるようにマッサージし、最後にぎゅっと押さえるように行う。
  3. 最後はお湯でしっかりすすぐ。

少し強めに指で押すように洗うと、リフトアップ効果が期待できます。

また頭皮の余分な皮脂が出てきて、その後のトリートメントの効果が高まるだけではなく、髪が若返る効果も期待できるそうですよ。

 

正しいシャンプーの方法はこちらも参考にして下さい。

ツヤ髪をとり戻すトリートメント方法

トリートメント

シャンプーを終えしっかり水気を切ったら、つぎはトリートメントです。

ツヤ髪を取り戻すトリートメント・1ステップ

まずは、お風呂の中でのトリートメントのやり方です。

トリートメントには、髪の毛に栄養を補給する(髪の内部補修)という役割があります。

  1. トリートメントを毛先から重点的に塗る。(セミロングの人で500円玉1枚程度)
  2. 手に残ったトリートメントを、指を広げて手グシをするように塗る。
  3. 目の粗いクシで毛先からとかし、続いて髪全体を。こうすることで、髪全体にトリートメントがいきわたります。
  4. タオルで髪全体をつつみ5分ほど置く。
  5. よく洗い流す。

トリートメントが残ったままだと毛穴が詰まってしまい、抜け毛の原因になるので注意しましょう。

ツヤ髪を取り戻すトリートメント・2ステップ

お風呂からでたら、つぎは洗い流さないトリートメントを使います。

髪の毛を乾かす前に洗い流さないタイプのトリートメントを使うことで、髪をコーティングしドライヤーの熱から髪の毛を守ってくれます。(髪の外部補強

さらに、髪にツヤを出す役割があります。

  1. タオルドライ後のぬれた髪に、トリートメントを毛先から手グシで塗る。
  2. 目の粗いクシで髪全体をとかす。
  3. ドライヤーで髪を根本からしっかり乾かす。

洗い流さないトリートメントについての記事もぜひ☆

さいごに

そういえば、美容サロンでも似たようなことを施術してくれますよね。私が通うサロンではトリートメントを塗った後クシでといて、その後蒸気をあてながらタオルで髪を巻いて1~2分ほど置く、というやり方です。
今回こちらで紹介したトリートメント法を行うと、まさに美容室でやってもらったような髪ツヤと、翌日までツルンとした指どおりになります。パサついた髪に悩んでいるアラフィフの皆さん、オススメですよ。もちろん繰り返しのカラーなどで髪の毛が傷んでいる若い方にも。
髪のお手入れは、どうしてもお顔よりも後回しになりがちです。
でも老け見えしないために、このひと手間が大切です!

コメント