スポンサーリンク

ガサガサかかとのひび割れはグリセリンカリ液で解消!あかぎれにも効果てきめん。

すべすべのかかと からだケア

加齢とともに厚く硬くなってしまうかかとの角質。

乾燥する冬場は、さらにかかとが白くなったりひび割れてしまったりと荒れ模様になりますね。タイツや靴下に隠れているとは言え、履くときにガサっと引っかかったりした時はイヤなものです…。

今日は、そんなガサガサかかとを見事にしっとりスベスベにしてくれ、冬の手荒れ・あかぎれをも解消してくれる「グリセリンカリ液」をご紹介します。

乾燥と加齢により、厚く硬くなるかかと

ひび割れたかかと

 

赤ちゃんや子供の頃のかかとは、ふにゃふにゃと柔らかかったですよね…。
しかし、こんな風になっていませんか?

かかとは体中のパーツの中で、最も角質が厚く硬くなってしまう部位です。よくお肌はターンオーバーによって、古い角質が垢ととなり自然にはがれ落ちまた生まれ変わると言いますが、ガサガサと厚く硬くなってしまったかかとは、まさにターンオーバーできずに古い角質がはがれず肌に留まり続けたそのものなのです。

かかとがガサガサとひび割れる原因は?

ガサガサかかとの原因のひとつは乾燥です。かかとにはもともと肌の保湿・保護の役割を持つ皮脂腺がないため、体のなかで最も乾燥しやすい部位なのです。

なのに多くの人が、物心ついた年齢から顔やボティには化粧水や乳液を与え気を配ってきたかと思いますが、かかとにはどうも気を抜いてしまいがちです。
かかとが厚く硬くなってから「ケアをしなくちゃ」と思い始める人が多くありませんか?そういう私もそのひとりでした( ;∀;)

加齢とともに、かかとの乾燥は年々進むうえに肌の再生力も落ちていくため、古い角質は蓄積されどんどん厚くなっていきます。

さらに、かかとは身体の一番下の部分にあり外部のものに常に触れているため、歩行などによる刺激の積み重ねで、角質がどんどん硬くなっていきます。

厚く硬くなった角質は水分が行き渡りにくく、カラカラ砂漠状態のような乾燥が進み、さらに角質がガサガサと分厚くなり、しまいにはひび割れに…という連鎖をたどってしまうのです。

グリセリンカリ液でガサつきを解消

分厚くなったかかとのガサつきを、元のしっとりスベスベの状態に戻すにはどうしたらよいのでしょうか?

そこで、オススメなのが「グリセリンカリ液」です。

何やら実験に使われるような液体名ですが 、グリセリンカリ液はベルツ水とも言われ、水酸化カリウムとグリセリンを含んだ液体です。

水酸化カリウムは皮膚の角質を軟化し、グリセリンは皮膚軟化及び乾燥防止作用により、皮膚の亀裂に対し効果があります。

(太陽製薬商品説明より引用)

肌のひび、あかぎれ等の改善に役立つお肌の軟化剤として、薬局・ドラッグストアなどで医薬部外品として市販されています。

テクスチャーは少しとろみのある化粧水のような感触です。塗った瞬間はヌルっとした心地もありますが、すぐにさらっとし、浸透すると保湿力が高くしっとりします。
また、グリセリンカリ液にはピーリング効果があるため、皮膚が厚く固くなりやすいかかとケアにはうってつけで、角質が柔らかくなる効果が高いのです。

グリセリンカリ液の使い方

グリセリンカリ液の使用方法に難しいことはありません(*’▽’)

入浴後、グリセリンカリ液をコットンにしみこませ、さっとかかとに塗るだけです。
軽度なカサつきならば、すぐにツルツルかかとになれますよ。

ひび割れ・ガサガサかかとは「パック」がオススメ

もちろん、ガサガサとひび割れたかかとにも効果があります。

ガサつくかかとには、グリセリンカリ液をコットンにしみ込ませたものをかかとに乗せてラップで巻きます。そのまま15分程度おき、はがしてください。

これを続けていくと、かかとの角質が柔らかくなり、しっとりスベスベとした肌を取り戻せることができます。

もうすでに「かかと用クリームを使っているのに、なかなかガサつきが改善されない」という方にもオススメです。

80に近い私の母は、数年前まで冬がくる度に「かかとがガサガサと切れて痛い」と言っていましたが、グリセリンカリ液を使用するようになってから、そんなかかととも今は無縁です。かかとだけはアラフィフの私と区別のつかない位です(笑)もう何年も愛用中です。

グリセリンカリ液はかかと以外にも使える!

あかぎれ

商品説明にもあるのですが、グリセリンカリ液は、ガサつくかかとだけではなく、冬の手荒れ・あかぎれにも効果があります。

私自身は一度もあかぎれになったことがないのですが、以前の母はガサつきひび割れたかかと同様、手荒れ・あかぎれにも悩まされていました。
あかぎれで指先がバックリ切れているのは、本当に痛々しかったものですが、ハンドクリームごときでは治らないあかぎれが、効果てきめんに治った経緯があります。

…ということで手荒れ・あかぎれに悩んでいる方も、試してみる価値はあると思います!

グリセリンカリ液の長期連用には注意が必要!

ガサガサかかとのひび割れ・あかぎれ…冬の肌荒れの救世主のようなグリセリンカリ液ですが、注意したいことがあります。

それは商品の注意書きにある「長期連用しないでください。」ということです。

連用って分かるようで耳慣れない言葉なので調べてみたら「同じものを続けて使うこと。」という意味だそうです。

グリセリンカリ液にはピーリング効果があると伝えましたが、アルカリ性が強く、連用すると皮膚が薄くなってしまう可能性があるそうです。

ただし…

私の母は、「グリセリンカリ液は手放せない」というほど、冬に限らず年じゅう、ここ何年も愛用しています(*’▽’)

一応「そんな人もいる」…という情報くらいで、長期連用についての判断は、必ずご自身の肌で確認しながら使用するようにしてくださいね。

さいごに

かかとのガサつき・手荒れ・あかぎれは油断して放置してしまうと、どんどん酷くなっていく厄介なものです。

そんな対策として今日はグリセリンカリ液をご紹介しました。

この冬、みなさまが快適に過ごせますように♪

コメント