スポンサーリンク

爪の縦ジワ解消!爪を乾燥から守るお手入れの方法

きれいな爪 美容

気づくと「爪に縦ジワができていた」なんてことはありませんか?

爪が美しくないと それだけで老けて見えしまいますよね。

今回は、爪に縦ジワができる原因と、それを解消するための適切なお手入れ方法について取り上げます。

爪に縦ジワがはいってしまう原因は?

縦ジワの大きな要因は、ずばり「老化」です。

爪も皮膚の一部、同じタンパク質で出来ています。

なので、歳をとるとお肌にシワができてしまうように、爪にもシワができてしまいます。

 

さらに、縦ジワの原因は老化だけではなく「乾燥」です。

空気の乾燥が進むと、皮膚と同じように爪も乾燥してしまい、爪の老化をも早まるといいます。

爪の構造は3層に分かれていて、乾燥により水分が蒸発し層と層の結びつきが弱まると収縮し、シワができやすくなったり、爪が剥がれたり割れやすくなったりしてしまうのです。

そうなると、老けて見えるだけでなく、デリケートな衣類に爪が引っ掛かってしまったりと、日常生活の上でも困りのものです。

では、爪を乾燥から守るためにはどうしたらよいでしょうか?

若い方でも、爪に縦筋ができてしまったという場合は、爪の栄養不足が原因かもしれません。無理なダイエットなどでタンパク質や亜鉛などが足りていない可能性があります。また、ストレスや不規則な生活からも爪トラブルは発生しやすくなるので、バランスの良い食事規則正しい生活の見直しが必要になってきます。

爪ケアで大切なこと

それは、なんといっても「保湿」です。お肌と同じなんです。

爪にも栄養を与え潤いを与える事で「乾燥」から爪を守り、爪の老化を遅らせることができます。

爪の乾燥を防ぐお手入れのポイント

そこで、オススメなのが「オイル」を塗る事です。

「オイル」を塗ることで、爪に潤いを取り戻し、シワのない美しい状態に戻すことができます。

今回は「あさイチ」という番組内で、爪ケア専門のネイリスト嶋田美津惠さん直伝のオイルを使ったお手入れ方法をご紹介します。

オイルはネイル専用がありますが、スキンケア用のオイルでも大丈夫です。

そのオイルを、スポイトのような容器に入れて行っていきます。(百均にある醤油さしのようなものでもOKだそうです)

ちなみに、こちらは私が愛用しているネイルオイルです♪
刷毛になっていて、とても使いやすいです。

オイルの塗り方のポイント

塗り方はけして難しくはありませんが、大切なポイントがあるので押さえておきましょう!

◆表面だけでなく、爪と指の間にしっかりオイルを入れ込み塗ります。そうすることで、爪の裏側にもオイルが浸透し、潤いがアップします。

爪の根元の部分(爪母)にもオイルをつけて揉み込みます。クルクルとマッサージする事で、新しく生えてくる爪にも潤いを与えることができ、良い爪が育つようになります。

爪母は新しい爪が作られるところです。この部分が不健康だと爪が乾燥しやすくなるため、しっかりと保湿することが大切です。

食事の前や食器洗いの前など、1日5回以上意識してオイルでお手入れを行っていく事で、健やかな爪になれるそうですよ。

さらに爪の潤いアップにオススメな方法

爪にオイルをなじませビニール手袋をして、少し熱めのお湯で食器を洗うと、スチーム効果で保湿効果が高まります。

これだと、手全体の保湿にもよいですね!

まとめ

乾燥する冬は、誰しもハンドクリームを使っていると思いますが、爪にまで気を使った事がないという人が多いかもしれません。

私は以前に、爪が2枚爪のようになりかけてしまったことがあったのですが、ちゃんとケアしたことによって、みるみるうちに治った記憶があります。爪は手をかけると、きちんと変化していくのが実感しやすい場所でもあるので、日頃のケアで、誰に見られても恥ずかしくない美爪を目指しましょう♪

コメント