スポンサーリンク

りんごの皮のぬるぬるベタベタはワックス?食べても大丈夫なの?

りんご

りんごの美味しい季節になりましたね。でもりんごを買う時に手に取ってみると、りんごの皮の表面のヌルヌル・ベタベタが気になりますね。「食べて平気なの?」と思った方もいませんか?今日はこのりんごのベタベタの正体について取り上げます。

りんごの皮のべたべたの正体は?

先日スーパーでりんごを手にした夫曰く・・・

「りんごがベタベタしてる。農薬?ワックスがすごいねー。」

皆さんも、そんな風に思っていませんでしたか?

またときには、買った時はりんごのベタベタが気にならなかったのに、数日後に食べようとしたら「ベタベタが気になって食べるのに躊躇した」という方もいませんか?

 

結論から言うと、

りんごの皮のぬるぬるベタベタの正体は「農薬」や「ワックス」ではありません。

 

りんごは成熟するにつれてリノール酸オレイン酸などの脂肪酸が増えてきます。

ベタベタの正体は、このリノール酸オレイン酸内側から染み出したものなんです。

つまり、りんご自らが、乾燥を防ぎ鮮度を保とうとする「りんごの生理現象」の産物なので、口に入れて何の問題はありません。

 

それどころか、べたべたの成分

  • リノール酸
  • オレイン酸

これらには、悪玉(LDL)コレステロールを減らしてくれる働きがあり、むしろ栄養価が高いものだったのです。

 

なお、全てのりんごの品種にべたべたが見られるわけではありません。りんごの種類によって、この現象が見られないものもあります。一般的に「つがる」や「ジョナゴールド」「千秋」などの品種でべたつきが見られ、「ふじ」や「王林」「シナノゴールド」ではあまり見られません。

りんごのベタベタは「食べごろのサイン」

りんご

ちなみに、りんごは熟すにつれてこのべたべたが出てきます。

なので、買った頃よりもべたべたを感じる時は、りんごの栄養が高まり、よく熟した食べごろのサインとなります。

りんごは皮ごと食べよう!

An apple a day keeps the doctor away.”

よく「1日1個のりんごは医者を遠ざける」って聞きますよね。それだけ、昔からりんごは健康にいい果物として親しまれています。

 

それを証明するかのとごく、りんごには様々なポリフェノールが含まれているのです。

そして、そのりんごポリフェノールの含有量が、実にすごいのです!!

なんと、1個のりんごの中には約200mgのポリフェノールが含まれているのです。

ポリフェノールというと

    • 老化防止
    • アンチエイジング 

などに効果を発揮する「抗酸化作用」で知られています。

 

りんごの抗酸化力は、ブドウや玉ねぎなどに比べてもダントツなんだそうです!

「1日1個のりんごは医者を遠ざける」このことわざも納得できますね。

 

そして、このりんごポリフェノールは、りんごの果肉部分よりも皮に多く含まれています

なので、りんごは皮ごと食べるのがオススメなのです。

まとめ

これで、りんごの皮のべたべたの正体が知って安心しましたね(*’▽’)

それと同時に、りんごポリフェノールの存在を知ったので、むしろ積極的にりんごの皮も食べていきたいです。

今まで皮の部分は捨てていたという方も多いかと思いますが、これからは皮を捨てるのがもったいなくなりますね。ぜひ、りんごはよく洗って皮ごと食べるようにしましょう。

なお、りんごを焼いてもポリフェノールの効果が落ちることはないそうなので、皮ごとオーブンで焼いていただく「焼きりんご」にしてもいいかもしれませんね♪

コメント