スポンサーリンク

白髪&抜け毛予防改善のための正しいシャンプー法とドライヤーの使い方

美髪 ヘアケア

白髪・抜け毛の予防改善のために、毎日行うシャンプーとドライヤーが大切です。

今日は、その若々しい美髪を目指すための正しいシャンプー法と正しいドライヤーの使い方をご紹介します。

抜け毛チェックで髪の健康度合いが分かる!

人の髪の毛は、平均4~6年間伸び続けるんだそうです。そして個人差はありますが、自然なヘアサイクルによって、一日100本程の髪の毛が抜けます。

その抜け毛に実は、良し悪しがあるのって知っていましたか?抜け毛の状態、特に毛根の部分をチェックすると、髪の健康度合いが分かるので正しいシャンプーを行う前に、是非抜け毛もチェックをしてみましょう。

良い抜け毛と悪い抜け毛

では、どういう状態だったら良い抜け毛なんでしょうか?

根元が白ければ正常です。白いのは毛根鞘(もうこんしょう)と呼ばれ、成長を終え自然に抜けた状態のものです。

逆に、根元が黒かったら要注意です。それは髪の毛の成長に、何らかのトラブルが起きている可能性があるのだそうです。
また、髪の毛は太く長くなるものが普通ですが、細くて短い抜け毛は、「早死にしてしまった毛」という事が言えるのです。

毛根には「毛母細胞」という髪の毛を作る細胞の働きで作られており、正しいヘアサイクルがあります。髪の毛の成長期は通常4~6年かかり、だんだんと毛根が縮んで自然と抜けていき、その後再び毛母細胞の働きで生え変わります。このヘアサイクルを経て抜けた毛は全く問題ないのですが、細く短いものはその機能が落ちて、ヘアサイクルが短くなっている証拠です。

気になった方は、ぜひ抜け毛をかき集めて、黒っぽい抜け毛や、細くて短い抜け毛が多くなっていないかカウントしてみて下さいね(*’▽’)

白髪や抜け毛を予防する正しいシャンプー法

正しいシャンプー法

毛根に皮脂が詰まってしまうと、抜け毛や白髪の原因となってしまいます。そのためには、毎日行うシャンプーが大事です。ではその方法を見ていきましょう。

予洗い

まずシャンプーをする前に「お湯で流す」ことを予洗いと言います。
シャワーの水圧で汚れをしっかり落とすことで髪の汚れの7割は落とせるのです。
この時39度前後のお湯で、シャワーヘッドを頭皮から5㎝ほど近づけ約3分程洗うのがポイントです。

髪の毛ではなく頭皮を洗う

予洗いを終えたら、次はシャンプー。シャンプーを両手にとったら、髪の毛の生え際から頭頂部にかけて指を滑らすようになじませていきます。この時、空気を含むように揉み込んでいくと、きめ細かい泡になり、皮脂を落としやすくしてくれます。

ポイントは、桃を触るような力加減で指の腹を頭皮に密着させ、髪の毛ではなく頭皮を洗うことです。

すすぎは洗った時間の2倍かけること

最後にお湯ですすぐ際は、洗った時間の2倍かけてしっかりと流しましょう。
泡を感じなくなってから、1分以上すすぐことが大事です。

正しいドライヤーの使い方

ドライヤー

せっかく髪の毛をきれいに洗い終えたのに、自然乾燥しているという人はいませんか?実は、頭皮や髪の毛に水分が残ったままの状態が続く自然乾燥は、雑菌が増えやすい環境になり、炎症やかゆみの元になってしまうのです。

なので髪の毛を洗ったらなるべく早く乾かせることが頭皮にも髪の毛にも大切なんです!では、ドライヤーの使い方も見ていきましょう。

ドライヤーは頭皮との距離に注意

ドライヤーの温風は平均100〜110度とされています。この温度を見ただけで頭皮にダメージがあることはすぐに想像できますよね?

でも、20㎝以上離すことで頭皮に当たる温風は60~70℃と適切な温度になります。

ドライヤーは常に動かしながら使う

ドライヤーを動かすことで熱からのダメージを抑えることができます。

ドライヤーは上から下へ!

髪の毛を守る一番外側の防壁のような役割のキューティクルは、魚のウロコのような形状で、重なりあって下向きに広がっています。
髪の毛が濡れた状態では、キューティクルは開き、乾くと閉じます。

キューティクルがしっかり閉じ均等に整っていることが、ツヤのある髪の毛には重要なポイントです。

ドライヤーを下から上に風をあててしまうと、キューティクルがより広がってしまいます。風を上から下へ当てると、キューティクルはしっかり閉じ、ツヤが出てきます。

髪の毛が8割ほど乾いたら冷風に切り替える

仕上げに冷風を使うと、開いたキューティクルをさらに引き締めることができ、髪のツヤ・手触りも良くなります。
☆私のお気に入りのドライヤーはこちら↓

まとめ

正しいシャンプー法やドライヤーの使い方、いかがでしたか?

シャンプーでは頭皮を洗う、ドライヤーでは頭皮を乾かす、これが基本だということが分かりましたね。

私は今までシャンプーのすすぎの時間が短かったなぁと反省しています(*’▽’)

でも日々の積み重ねで白髪や抜け毛が予防改善されるなら、今日からでもちゃんとやっていきます!

 

コメント