スポンサーリンク

重曹vsミョウバン 消臭力はどっち?足のニオイ・体臭には?

足のニオイ くらし

以前の記事で、バスタオルのニオイ消し効果の高い、重曹ミョウバンについて触れました。この二つは体にも優しい消臭剤とも言えます。実は、お洗濯だけではなく、キッチンのにおい消し、お風呂、足のにおい、加齢臭などなど様々な消臭対策として用いられ知られるようになっっています。

もうすでにどっちも使っているという方、重曹とミョウバンの違いをはっきり理解して、どんな時に何を使えばいいのか?うまく使い分けていますか?中には、「どっちもいいなら両方混ぜて使えばいいんじゃない?」そんな風に思っている人はいませんか?
実は、それぞれの原理を正しく理解して使う事で効果が発揮出来たり、また半減する場合もあるので、ポイントを押さえておきましょう。

重曹について知ろう

重曹は炭酸水素ナトリウムと言って、水に溶かすと弱アルカリ性を示します。

ではアルカリ性の重曹にはどのような働きがあるのか!?

「においの成分を中和」させてニオイを消してくれる働きを持っています。

酸性の物質とアルカリ性の物質が中和することによって、ニオイの元となっている酸性の物質をやっつけてくれるんです。

酸性のにおいの代表例:むわっとしたニオイ、すっぱいニオイ

・汗臭(汗に含まれる酢酸)

・足のにおい(脂肪酸)

他には下駄箱のにおいキッチンの三角ボックスゴミ箱など。

 

※ また重曹には、肌を柔らかくして古い角質を落とし、皮脂や汚れを一緒に落としやすくなる効果があります。

おすすめの重曹の使い方

重曹で足湯

  • 温かいお湯を洗面器に用意する
  • 重曹を大さじ2,3杯入れる
  • よくかき混ぜて10分から15分足を浸けるだけ

指の間はニオイの原因となる物質があるので、しっかり揉んであげましょう♪

スプレー消臭

  • 100均などでスプレーを準備
  • スプレーの半分くらいまで水道水を入れ、そこに重曹を大さじ1杯分入れよく振る
  • 残り半分の水をいれる

キッチンの三角コーナーなど、気になるニオイにシュシュッとやるだけ♪

ミョウバンについて知ろう

一方のミョウバンですが、こちらは水に溶けると弱酸性になります。

人間の皮膚はアルカリ性に近づくと細菌の繁殖が促されるといいます。

逆をかえせば雑菌は酸性の環境に弱い性質があるため、皮膚表面は弱酸性に保たれるのが理想です。

酸性のミョウバン水は、雑菌そのものの繁殖を抑制してくれ体臭を抑えてくれる効果を発揮するのです。

なので、重曹と同様にミョウバン水で足湯をすると、足裏の表面に付いている雑菌を除菌してくれます。

また、制汗作用もあるとされています。

強烈なニオイを発することで知られるアンモニアはアルカリ性なので酸性のミョウバンに触れると中和され、ニオイそのものが抑えられるとされています。

 

ミョウバンについては、こちらも是非。

・アンモニア臭

・トイレのニオイ

・ペットの糞尿臭

・魚のニオイ

など、体臭をはじめ、これらの強烈なニオイを抑えてくれますよ。

重曹とミョウバンの違い

では、ここまでを整理しましょう。

・重曹は弱アルカリ性、ニオイ成分を中和させニオイをなくす

・ミョウバンは弱酸性で、ニオイの発生源を中和させニオイそのものを抑える

 

重曹はあくまでニオイの元となっている成分を中和させてくれる効果があったのに対し、ミョウバンはニオイの原因物質を作っている雑菌を中和させやっつけてくれる働きがあったのです。つまりは、嫌なニオイの発生源を減らすことで悪臭が軽減されるということです。

 

「で、どっちがいいの?!」

ニオイの元となる成分には酸性とアルカリ性の2つがあるため、実は重曹vsミョウバンでは、簡単に語れないというのが正直な結論です(*’▽’)

どちらもニオイの原因となっている細菌や物質を完璧にはなくすことはできないことも確かです。

でも

上述した重曹とミョウバンの使い分けによって、不快なニオイを大幅に抑えることが可能です。

「重曹とミョウバン、混ぜてもいいのか?」

そう思う方もいるかもしれませんが・・・

重曹とミョウバンは混ぜても相乗効果にはなりません。一緒に混ぜてしまうとお互いに打ち消し合ってしまい、効果が落ちてしまいますので絶対やらないように!!

なぜかというと、それぞれの成分・弱アルカリ性と弱酸性が混ざってしまうとお互いが中和されてしまうからです(*’▽’)

足のニオイには「重曹とミョウバンの合わせ技」がオススメ

混ぜたらダメですが、併用して使うことは可能です。

むしろ足のニオイ・体臭には、両方を合わせ技で使用するのがオススメです。

少し復習になりますが

重曹はアルカリ性で、体臭の成分である酸性の臭いを中和することにより、消臭効果があります。そして古い角質を落としてくれる効果もあります。

ただし、皮膚表面は、弱酸性に保たれるのが正常なので、重曹を繰り返し使用していると、アルカリ性質を好む雑菌類が繁殖しやすくなる恐れがあるのです。

一方のミョウバンは弱酸性の性質を持ち、皮膚表面を弱酸性にキープし雑菌の繁殖を防ぐ、除菌作用があります。

この事をふまえて、

重曹水で古い角質落とし&消臭➡アルカリになった皮膚を、ミョウバン水で整える

 

これで、より足臭・体臭予防の強い味方になってくれるはずです!

 

どちらも手軽に気軽に試すことのできるので、きちんとポイントを押さえてぜひ使ってみて下さいね!

コメント