スポンサーリンク

使えるワンフレーズ英語「もう少し大きな声で話してくれますか?」

簡単英語 英語

唐突に始まりました。琉子の「ワンフレーズ英語」です(笑)

実は、地元沖縄ではアメリカ人相手にビジネスを展開する会社に数年間勤めていました。

そこで培った英会話力を活かして、ここでは簡単で使えるワンフレーズを、気まぐれ不定期に発信していきます。

英語で「相手の声が聞きづらいとき」どう伝える?

状況としては:

街で声をかけれて聞きづらかったり、電話越しの声がききづらかったり。。

「もう少し大きな声で話してくれますか?」

ヒント:「大きな声」は直訳して

big voice ではありませんよ。

答え

speak  louder, please?」

Can you speak a little louder?

 

もっと丁寧な表現、日本語的には「~して頂けますか?」なら

Could you speak a little louder, please?

Could you pleasespeak a little louder?」

と言えばOKです。

 

※ loudは(音・声などを)大きくという意味です。louder はその比較級になりますね。

※  I can’t hear you.  または  I can’t hear you very well. (よく声が聞こえないんです)

I’m sorry I didn’t catch what you said.  (すみません、聞き取れませんでした)

と前後に使うと、より意味が伝わりやすくなります。

では、逆パターン。

英語で「相手に小さな声で話して欲しい場合」はどう伝える?

時には乗り合わせた電車やバスの中など公共の場で、ガヤガヤうるさくて仕方がない時ってありますよね。

そんな時に使えるフレーズです。

「もう少し声を小さくしてもらえませんか?」

日本人には少し言いづらい表現かもしれませんねー。

答えは

please lower your voice

Can you lower your voice?」(丁寧)

Could you lower your voice?」(より丁寧な表現)

 

奥ゆかしい日本人は使いづらいかもしれませんが、外国人にはストレートに伝わります。

lower は low(低い)という形容詞の動詞形(低くする)です。

人の声だけではなく、テレビやスピーカーなどの音量にも使えます。

Could you lower the volume(または sound)?

と使えます。

 

その他、

「もう少しゆっくり話してくれますか?」「Could you speak more slowly, please?」

「もう一度言っていただけますか?」  「Could you say that again, please?」

なども使えます。

 

さて、いかがでしたか?

簡単ワンフレーズなので覚えて、使える場面に出くわしたら、是非勇気を出して使ってみてください!

コメント