スポンサーリンク

腸内環境は1日にして成らず。継続したバランスのとれた食事で整えられる!

和食 からだケア

前回の記事で、私たちの腸の中は善玉菌と悪玉菌がいて、このバランスが崩れたらおならがくさくなるんだと分かりました。しかも悪玉菌が増加すると、おならがくさくなるだけではなく、腸内環境を悪化させ、老化や病気の原因となる毒素や発がん物質まで作ってしまう事が分かりましたね。では、どうしたらこの憎き悪玉菌は減らせるのか…ということにフォーカスしていきたいと思います。

腸内環境のメカニズムを知ると細菌たちが可愛く思えてくる

「どうやったら悪玉菌を減らせるのか?!」

…というお答えの前に、もう少し腸内環境について詳しくなってみましょうか。


そもそものお話しですが、

人間の体には(人間に限ったことではなく生物には、が正しいですね)、それはもうすごい数の細菌が棲みついており、その細菌の力を借りて生きているって知ってましたか?唐突に聞くと、ビックリしますね(*’▽’)

そして腸内にも細菌がいるおかげで、食べ物を分解できたり栄養として吸収できているんです。
人間も腸内細菌と共生しています。

実に菌の種類は100種類以上、そして100兆個以上の菌がいるんだそう。なんだか想像もつかない、腸の中に宇宙が広がっている感じですね。

その菌たちを顕微鏡でのぞくと、菌がびっしりとまるでお花畑のように群生しているかのように見えることから腸内フローラ(flore)と可愛いらしい呼び方になったようです。ここ数年、この言葉をよく聞きますよね。

この腸内フローラを構成する腸内細菌たちは、私たちの大切なパートナーであるのです。

 

フローラとはお花畑の意味。直訳すると「腸内のお花畑✿」

なんだか細菌たちが、愛おしくなりますね~(笑)

腸内バランスは、人それぞれに「個性」がある!

具体的に、腸内フローラを大きなグループで分けると、もういまさらですが

善玉菌

悪玉菌

この2種類は、すぐに出てきますよね。善玉菌と悪玉菌は、日々、お互いが菌を増やすために攻防を繰り広げていて、その割合は人それぞれの食生活などで変わってきます。

そして、実は、もう1種類いるんです。
それが日和見菌。初めて知る方も多いのでは?!

日和見菌は、成りゆき任せで両方の優勢な方に加勢する菌。その時々で、多いほうの菌の働きを活発化させるという、どっちつかずな菌なのです。(人間社会にもいますよね~)

 

そしてこれまで腸内細菌は

善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7


という比率が理想的だと少し前まではされていました。

でも最新のサイエンスでは善玉菌の中には怠け者もいて、悪玉菌の中にもいい働きをする菌がいる事が分かってきています。

え?!善玉菌は善で悪玉菌は悪じゃなかったの?

実は、病気の人の腸内フローラは多様性が低下していることが分かっていて、

大切なことは善玉菌:悪玉菌:日和見菌の比率の問題じゃなく、「多種多様」であることがなんだと

考えられてます。

人の腸内環境は、その時々の食事の内容やストレス、疲労などでも影響を受けて刻々と変化しています。その人が生きた年数をかけて培ったものだから、手相のように1人1人異なっているんです。

だから善玉菌、悪玉菌、日和見菌の理想的なバランスは人によって違うのです!

 

じゃ、腸内環境を整えるっていうのは

どういうことなの?

腸内バランスを整えるためにできることの極意

偏りなく食事を摂ることで腸内は多様化されていくんです。肉ばっかり、魚ばっかり、ベジタリアンもよろしくないという事になりますね。

また、腸内細菌たちが喜ぶものはと言うと発酵食品食物繊維を摂取すればいいのです。

日本には古くから発酵食品が沢山ありますね。また私たちがよく食べてきた海藻類には食物繊維が豊富にあります。腸内フローラの事を考えると、ステーキ・焼肉・ラーメンもたまにはいいけれど、私達日本人の原点である和食ってやっぱりバランスがとれた食事だなって思います。


ちなみに私が1年前から始めたこと・・・・

ぬかみそ ぬか漬けとヤクルト

美しい写真じゃありませんが、マイぬか床。そして、キュウリのぬか漬け&ヤクルトです。

 

実は私、決して大きい声では言えませんが、以前は便秘がちでくさいおならを放ってました…( *´艸`)

でも今では、便秘しらずになりました!おならもほとんど匂いませんよ。エッヘン!!

もちろん、この上の二つだけではなく、食生活そのものを見直した結果、1年続けてみて以前の私の腸内環境よりも絶対に改善されているはずと感じています。

たまにほんの少し発酵食品や食物繊維を摂ってみたところで腸内環境は簡単には変わらないらしいので、細菌たちの喜ぶものを長く摂り続けることが大切だと思います。

 

①偏りなくきちんとバランス良い食事をとること。

②腸内細菌たちが喜ぶものを摂ること。(発酵食品・食物繊維)

③これらを長く続ける事

 

決して難しい事ではないと思うんので、

ぜひあなたも、好きなもので自分のできることから、腸内細菌たちを喜ばせてあげませんか。

私的まとめ

記事は、悪玉菌を中心について書くつもりでした(笑)でも腸内環境を今までよりも知ることで、「悪玉菌撃退!」という目線よりも悪玉菌も善玉菌もそして初めて知った日和見菌も、私の体の分身たちであり、その彼らが喜ぶ環境づくりという視点で生活していくのがよいと思います。

だって細菌たちが喜ぶ環境づくりは、ひいては「私の体が喜ぶ」からです。

おなら一発で➡「自分の体の変化に気づいてあげる」➡「自分の体を愛する」➡「自分を愛する」

ことに繋がるのではないかと思います。

コメント