スポンサーリンク

浅田真央サンクスツアー東京公演に行ってきました♪感謝・感激です…。

真央サンクスツアー おすすめアレコレ

先週末、浅田真央ちゃんのサンクスツアー東京公演に行ってきました!!

何を隠そう、わたくし真央ちゃんのビッグファンです(^^♪

今回、地元優先枠・先行もはずれ…諦めかけていた東京公演の追加公演のチケットを奇跡的にゲット。

しかも3列目という私史上、一番近くで生真央ちゃんのスケートを観ることができ、夢のような80分間を過ごしてきました。

真央サンクスツアー東京公演プラチナチケットゲット!!

真央ちゃんが構成から衣装まで総合プロデュースを行っている真央サンクスツアー。
2018年5月の新潟公演を皮切りに、全国各地を巡って今年は2年目です。

応援してくれたファンに「感謝の気持ちを届けたい」という思いから、全国各地の常設の小さなリンクを中心に行われています。

小さなリンクということは…座席数も少ない。

つまり、チケットが取れない!!

はい。争奪戦となります。
このアイスショー、チケットを取れるのが本当に奇跡に近いです。

ちなみに、こちらが東京会場の江戸川スポーツランドの座席地図

江戸川スポーツランド

私のざっくり計算で、観覧席は1200名くらいでしょうか?!(少ない…)

実際の会場を見渡すと「もっと詰めれば沢山入りそう!」と素人ながら思ってしまいましたが、その辺は消防法などで人の制限があるんでしょうね。

そんなこんなんで、「東京公演のチケットなんて完全に無理かも…」と思っていましたが、神様が私に微笑んでくれてプラチナチケットをゲットすることができました(*’▽’)

しかも、3列目。この近さです。チケットを買えただけでもラッキーなのに、真央ちゃんの息づかい、スケーターの風を感じることのできる近さでした!

江戸川スポーツランド座席

 

ちなみに実はわたくし、3月のALSOKぐんまアイスアリーナで行われた真央サンクスツアーにも参加しまして、こちらは少し会場は広めでした。

ショートサイドの5列目でしたが、眺めはこんな感じでした。ここも近かった!

ぐんま会場サンクスツアー

 

参考までに、こちらは真央ちゃんが現役だった頃、マリンメッセ福岡で行われたグランプリファイナルの会場。


だいぶ端っこの席ですが前方の席でこんな感じ。(懐かしい…)

箱(会場)の大きさが、真央サンクスツアーとは全然違うことがお分かりいただけると思います。とにかく真央サンクスツアーでは、あの世界のマオアサダの滑りを、これまでのアイスショーよりも近くで観ることができるんです。

真央サンクスツアー、ここがスゴイ!

さらに、真央サンクスツアーの何がすごいって、料金がめちゃくちゃ安いんです!

東京公演はこんな感じ。

SS席(リンク内1列目)7,500円
S1席(リンク内2〜6列目)7,000円
S2席(リンク内7列目以降)6,500円
A席(リンク外1階席)5,000円
2階席4,000円

私が座った3列目(東京公演7000円)は 、通常のアイスショーならば、2万円以上することが一般的で、その3分の1の料金です!(^^)!

群馬公演は5列目で6,500円でした。

 

ちなみに、同じ時期に開催されていた『Fantasy on Ice 2019』の料金です。

プレミア席24,000円
SS席21,000円
S席16,000円
A席10,000円
B席  7,000円

もちろん招待されているスケーターの数や会場の規模は全く違うので、比較できるものではありませんが、アイスショーの料金は安くないものだって事は一目瞭然ですね(*’▽’)

一般的なアイスショーの一番安い料金を出せば、真央サンクスツアーでは「一番いい席」が取れてしまうという破格の料金です。(チケットが取れるか取れないかは別として…)

間近で見られる会場と金額にする」ことで、『今までアイスショーを見たことのない人に見てもらいたい』という真央ちゃんの想いが込められたアイスショーなんです。

真央サンクスツアーは最高のエンターテイメント!

(さて、ここからはネタバレも含まれます)

 

この投稿をInstagramで見る

 

浅田真央 Mao Asadaさん(@maoasada2509)がシェアした投稿

今まで、他のアイスショーも色々と観てきましたが、真央サンクスツアーは、これまでのアイスショーとはひと味もふた味も違うショーになっています。

ショーは真央ちゃんが現役時代に滑っていたプログラムをリメイクし、他のスケーターとともにつないでいく構成です。

キャストは真央座長をはじめ、無良崇人さん今井遥さん(昨年メンバーの姉の浅田舞さんと入れ替わり)以外は、アイスショーの経験がそれまでほとんどなかったというスケーター7名を含めた、合計10名の小さなカンパニーです。

このサンクスツアーがスタートする当初は、実力も経験も違う一人一人であっただろうと思いますが、それを感じさせない一体感。そしてそれぞれに見せ場があり、観客を楽しませ魅せる演出が随所に散りばめられています。

真央ちゃんの過去プロだけに、どの曲も当時の真央ちゃんの姿が蘇りますが、新たな振付・演出、新しい命が吹き込まれて一曲一曲キャストの想いをのせて紡がれていきます。

 

そして、我らが真央ちゃん

18曲中10曲と、ほぼ出ずっぱりです!!

圧倒的オーラ、滑らかな美しいスケーティングは現役の頃と変わらずです。

清らかで美しく華やかで優しく強く、そして現役の頃よりも輝きを増しています。

とにかく私のボキャブラリーが足りなくて表現できないのですが、キラキラ感が半端なかったです!!

 

この投稿をInstagramで見る

 

浅田真央 Mao Asadaさん(@maoasada2509)がシェアした投稿

 

『踊るリッツの夜』では、最初の方は橋本誠也さんとの息の合ったペアプロ。とっても見せ方の上手いスケーターさんです。ステッキを柱にして、橋本君の足元を真央ちゃんが何度もクルクルクルと回ります。橋本君退場後は、小さなリンクの四方八方に真央ちゃんが可愛くもコミカルに近づいてくれました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

浅田真央 Mao Asadaさん(@maoasada2509)がシェアした投稿

 

『素敵なあなた』では時には小悪魔のように男性陣を誘ってみたり。
また、ここでは真央ちゃんが男性を逆リフトするという男前な姿も見られました(*’▽’)

 

この投稿をInstagramで見る

 

浅田真央 Mao Asadaさん(@maoasada2509)がシェアした投稿

 

三つ指をついて始まる『蝶々夫人』では、ピンカートン演じるスペイン人スケーターのエルニ君との息の合った美しい滑り。現役の頃以上の気迫。喜びと悲しみ、狂乱、凄味を増した蝶々さんに、本当に胸が切なくなりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

浅田真央 Mao Asadaさん(@maoasada2509)がシェアした投稿

 

そして、なんと言っても真央ちゃんの現役最後のエキシビナンバーであった『チェロスイート』。このサンクスツアーで唯一真央ちゃんがソロで、現役時代と同じフルバージョンで滑ってくれるナンバーです。マイセンのお人形さんのような衣装に身を包み、超絶技巧なまでの巧みな足さばきで繰り広げられるステップとターン…。
そして真央ちゃんにしか創れない『崇高な世界観』。THE ICEで初めて見た時も鳥肌ものでしたが、やはり何度見ても感動ものでした!

 

この投稿をInstagramで見る

 

浅田真央 Mao Asadaさん(@maoasada2509)がシェアした投稿

 

そして、ショーの後半は、曲ごとにたたみかけるように盛り上がって行きます!

まず無良君の『鐘』。豪快で迫力のあるジャンプ。重厚感のあるスケート。
はぁ~、ただただ圧巻!目の前でトリプルアクセルを決めてくれた破壊力は半端なかったです。19歳の細い体で『鐘』という難曲を見事に演じた真央ちゃんの鐘とは、また違う輝きを放って、無良君ワールドを魅せてくれました。

 

『黒リチュ』からの『赤リチュ』は、グループナンバーとしてゾクゾクするほど最高にカッコいい!
まず真央ちゃんwith男性陣。真央ちゃんの鋭い眼差し。5人で作り出す先手観音のような動き。斬新な振付とフォーメーションで目が釘付け、素晴らしいパフォーマンスです。
ダークで力強い『黒リチュ』から一転。真央ちゃんは黒い衣装から、「どうなったらああなるんだ?」という早さで衣装替え。
『赤リチュ』は、真央ちゃんwith女性陣がどこまでも妖艶で情熱的な世界を作り出していました。そして全員のスピン、スパイラルが美しいこと。最後は、真央ちゃんの圧巻のステップから、赤いショールを「バーン」と投げつけての決めポーズ!!
二度言いますが『黒リチュ』からの『赤リチュ』は、本当に素晴らしくカッコいい!!
プラボーでした!

 

この投稿をInstagramで見る

 

浅田真央 Mao Asadaさん(@maoasada2509)がシェアした投稿

 

そして、観客の誰もが身を乗り出したソチ・ラフマニノフの『ピアノ協奏曲第2番』は、男性キャストとともにリレー方式で曲をつないでいきます。
トップバッターは川原星君。もともと現役の頃から表現力が上手い選手だなぁと思っていました。彼の気迫のこもった演技から始まり、橋本君、エルニ君、そして無良君とそれぞれの想いが伝ってきました。曲の最後を飾るのは、現役の頃と変わらないあの衣装に身を包んだ真央ちゃん。登場するや否や、観客の熱量と声援は、最高潮へ!
小さなリンクを凄いスピードで駆け抜けていく渾身のステップ。あの当時の記憶も蘇り、開始1秒で目がウルウルしてしまいましたが、「今現在の真央ちゃんのスケートを見逃すまい」と必死になって見ました( ;∀;)
老若男女、会場の心を一つにするこのプログラムは、やはり特別でした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

浅田真央 Mao Asadaさん(@maoasada2509)がシェアした投稿

さいごに

応援してくれたファンに『感謝の気持ちを届けたい』という真央ちゃんの思いからスタートした真央サンクスツアーですが、夢と希望と優しさと愛を…沢山いただいたショーでした。

改めてお礼を言いたいのはこっちのほうです(涙)

上↑ではかいつまんでピックアップしてみましたが、それ以外にも、

  • 今井遥ちゃんの現役の頃と変わらない可憐な雰囲気が醸し出す、真央ちゃんとはひと味違った『So deep is the night』の美しさ。
  • 山本まりちゃん、川内理沙ちゃんら女性キャスト全員の『月の光』の所作の美しさとシンクロした演技。
  • 『ポル・ウナ・カベサ』での林渚ちゃんの華やかで優しいスケーティング。
  • マラルちゃんの『Over the rainbow』のソロパートの美しさ。特に必見は長いY字スパイラル。

色々取り上げるとキリがないんですが、スポットが当たっていない所でも場を盛り上げる橋本君、仮面舞踏会では王子様のようだった星君、エルニ君の流れるようなスケーティング。そして、いつでも頼れるナイスガイの無良君は現役の頃以上に演技力が増して、流石でした。

圧倒的存在感の真央ちゃんとキャスト「全員が主役」でみんなで作り上げた、他にはない唯一無二の最高のアイスショー、それが真央サンクスツアーだと思います。

そして、このサンクスツアーを一から立ち上げた真央ちゃんは、いつでも革新的で、どこまでも挑戦的であり進化を止めない人です。

リンクの上で一人闘っていた現役の頃とは違った、仲間たちと滑る喜びに満ち溢れた笑顔がとても輝いていました✨

真央サンクスツアー⇨公式サイト

コメント