スポンサーリンク

日焼け止めの正しい使い方を知って「焼けない焼かない肌」を!!

日焼け止め美容

こんにちは。少し秋の気配も感じるようになってきた今日この頃ですが、まだまだ暑い日が続きますね~。

「日焼け止めをちゃんと塗っているし、今年こそ焼かないぞ」

と毎年思っているのに、夏の後半、気がつくと日に焼けている…そんな方はいませんか?

紫外線対策としての日焼け止めの使い方を調べてみたら、意外な盲点が!

日焼け止めは塗るタイミングや塗る量を守らないと、期待するほどの効果が得られないという落とし穴があるので、しっかり復習しましょう。

 日焼け止め塗るタイミング

お出かけの際、あなたはどのタイミングで日焼け止めを塗っていますか?

正しいやり方はお出かけ前の30分前!

実は、日焼け止めが肌に浸透するまで30分もかかってしまうのです。

日焼け止めは塗ったらすぐに効果が出るものではないのです。ですから、出かける直前に塗っているという方は、効果が発揮できないうちに、多くの紫外線を浴びてしまっているという事なのです。

ちなみにスキンケアからの流れでいくと

化粧水→ 美容液・乳液 →日焼け止め→メイク(ファンデーション)

という流れになります。

夏場もしっかりと化粧水・乳液で保湿することが大切です。それが肌になじんで落ち着いてから日焼け止めを使うことがポイントになります。どうしても忙しい朝などは、一気にやってしまいがちですが、せっかくのスキンケアの効果も半減させてしまいますし、肌になじまないうちにメイクをすると化粧崩れの原因にもなってしまいます。

日焼け止めの適切な量

では、どれくらいの量を塗ったらいいの?ということなんですが

あなたはどれくらい使っていますか?自分のお顔で思い出してみてください。

はたしてお顔に塗る適正量は…

1円玉2枚分(クリームタイプならパール2粒分)

とされています。

想像以上に多いと思いませんか?私は、この四分の一位しか使っていませんでした(*_*;

別にケチケチして使っていたわけではないですよ(笑)お肌がべたつきそうな気がして薄く伸ばしていました。

でも、明らかに使う量が少なかったという事ですね。

日焼け止め塗り方のコツ

基本:手の平で軽く伸ばしてから、お肌全体に均等にやさしく伸ばしましょう。

基本は二度塗り

一度に塗ってしまうと、なかなかお肌に入っていきません。量の半分を顔全体に塗ってなじんでから、残り半分を塗りましょう。二度塗りをすることによって日焼け止めにありがちな白浮き感を防ぐこともできます。

「そんな量を塗るとべたべたしない?」と思うかもしれませんが、実際にやってみると、二度塗りの際に少し時間をおいてあげると肌に自然に入っていきます。

日焼け止めの効果はいったい何時間もつの?

単純に、日焼け止めには持続時間があるのか?って疑問がわきますね。

UVーB(紫外線B波)をどのくらいブロックしてくれるのか目安になるのが、SPF値とされています。

日焼け止めを塗らない状態で日に当たったときに、日焼けをするまでの紫外線量をどのくらい伸ばせるか、という数値を表しています。SPF50が最高値とされています。

SPF値は日焼け止めの持続時間と思われがちですが、実は比較しているのは時間ではなくて、その時間に耐えられる紫外線量のことで、単純に持続時間が分かるといいうものではないということですね。

とにもかくにも「私は高い数値のものを使っているから安心なんでしょ?!」

と思いがちですが、実は、必ずしもそうではありません。

夏場は汗をかき日焼け止めが流れ落ちてしまう可能性が高いからです。また、SPF値が高いとそれなりにお肌への刺激が高いということ、肌トラブルの原因にもなりかねないのです。

日常のお買い物や、通勤通学などの場合であれば、肌に優しいSPFの数値の低い日焼け止めを、少なくとも汗をかいたら小まめに塗り直すことで、日焼け止めが流れる落ちるのを防ぐことができます。

また汗で流れ落ちることだけではなく、日焼け止めの元となる化学物質が日光によって劣化する「光劣化」を起こしたりすることもあります。日焼け止めの光劣化が起こる前に、2~3時間を目安に、塗り直すことが大切です。

 

 私のNGポイント
・塗る量がまず足りなかった!
・1日1回では足りなかった!

さいごに

皆さんはどうでしたでしょうか?

紫外線は夏に限らず年中通してあります。

せっかくの日焼け止め。これからでも気を付けて正しく使い「焼けない肌」を目指しましょう♪

後日記載した記事です!面倒な日焼け止めの塗り直しがパウダーファンデーションで解決します。こちらもぜひ♪

その他の関連記事です。

コメント