スポンサーリンク

【シオチェック結果報告】塩分が気になる中高年世代にオススメ。

塩分からだケア

先日エクオール検査「ソイチェック」を行った際に、無料で「シオチェック」の追加検査することができたことを書きました。

その結果が来ました!

ついつい摂りすぎてしまいがちな塩分。

「シオチェック」では、尿検査で「1日どれくらいの量の塩を摂っているか」を算出してくれます。

シオチェックとは?

塩分の摂り過ぎは色々な病気の原因になるといいます。
しかも、日本人は塩分の摂り過ぎだとよく聞きますね。

私もアラフィフなので年齢的に減塩を気にかけてはいます。

…とはいえ、外食もするし中食もするし、いちいち1日の塩分の摂取量を自分できっちり計ることなんて、なかなかできないものですよね。

そこで登場するのが『シオチェック』です。

シオチェックは、尿中の食塩量を測ることで、今の食生活で「1日どれくらい食塩を摂っているか」をチェックしてくれます。郵送キットになっていて、自宅で採尿して調べてもらうことができます。

 

シオチェック・私の結果報告

実は先日ソイチェックの検査を申し込んだら、ラッキーなことに「シオチェック」も同時に無料で検査していただけることになりました。(※おそらく期間限定です)

オンラインでマイページに登録すると、シオチェックの無料追加検査の案内があり、アンケートと同意書を同封すれば、ソイチェックで採尿した検体でシオチェックも検査してもらえることになったのです。

その後ソイチェックの結果から遅れること数日、シオチェックの結果も出ました!

その結果がこちらです。(マイページより)

シオ2チェック

「やや多い」でした。ランク的には4段階中のBランク

私の塩分摂取量は「やや多かった」が、意外にも日本人の平均以下でした。

しかも、こちらが厚生労働省の目標量です。

男性女性
8g未満7g未満

私は7gだったので、ほんの少しその目標量を超えただけだったということでした!

特別減塩に気を使っていたわけではなかったので、思いのほか良い結果に本人がびっくりしています(*’▽’)

ただこれって、採尿した前日の食事が反映されているっていうこと?たまたま良い結果だったのか?

その辺はよく分かりませんが、自分で計測することが難しいだけに、こんな形で塩分摂取量をチェックしてもらえるのはいいですね!

ちなみに、WHO(世界保健機関)による食塩摂取目標値は、なんと5.0gなんだそうです。

今回の検査結果にちょっといい気になりましたが(笑)この数値を見れば、私もまだまだ塩分が多いということです。気を緩めずに「今後もっと減塩を意識しなくては」と思いました。

ちなみにCランクの方。

シオチェック

 

そして、こちらがDランクの方向け。

シオチェック

減塩生活のポイント

シオチェックのサイト内では、検査結果のほかに、日常生活ですぐにできる「減塩生活のポイント」などのアドバイスもありました。

少しかいつまんでみると、次のような感じです。

  • 昆布やかつお節のだしを使う。
  • 塩味は食品の表面にさっとふりかける程度に。
  • 香辛料を使って、味付けに変化を。
  • ゆず・しそ・みょうが・ハーブなどの香りを利用する。
  • 焼き物や炒った胡麻など香ばしさを味方に。

なるほど。参考になりますね!

シオチェック検査の流れ

シオチェックは、名古屋大学発ベンチャー企業であるヘルスケアシステムズが手がけた、郵送キットです。

ソイチェックと同様、シオチェック検査の流れは簡単です。

  1. ネットで購入。
  2. 検査キットが到着。
  3. オンライン専用ページで検査依頼を入力 もしくは 検査依頼書を記入 。
  4. 採尿容器を同封の封筒に入れて投函。
  5. 後日、検査結果が届く。

オンラインで検査依頼をすれば、1週間程度でマイページ上で結果が届き、
検査依頼書を同封すれば2週間程度で郵送で結果が届くようになっています。

さいごに

人生100年時代なんて言われています(おそろしい…)。
いかに健康寿命を伸ばせるかがカギですよね。

でも食塩を摂り過ぎると高血圧につながりやすく、特に男性の場合は、30歳以上の60%が高血圧症有病者となっているんだそうです。

そんな中、シオチェックを受けることによって、現状と『今後』の食生活の対策を考えることができます。

今、わが夫にもシオチェックを受けてもらっていますが、両親や兄妹、友人たちにもすすめてみようかと思っています。

コメント