スポンサーリンク

見た目年齢を若くするには骨を鍛えよ!シワ・たるみ予防の簡単トレーニング!

しわたるみ美容

同じ年齢なのに、若く見える人と老けて見える人がいます。
その違いって、実は骨が関係しているってご存知でしたか?

骨密度が低下すると、見た目年齢も老けてしまうんです。
そうならないよう若く見えるためには、骨の強化が大切なのです。

今回は、今話題のかかと落とし運動をはじめ、骨を強くするための簡単トレーニングについてまとめてみました。

骨密度が低いとなぜ老けて見えるのか?

女性は40代を超えると、女性ホルモンの低下とともに骨密度が減ると言われています。

骨密度が低下すると、骨全体が縮んでいきます。
分かりやすいのがお年寄りです。おじいちゃんおばあちゃんになると小さくなりますよね。

このように骨密度が低下すると、顔の骨も縮み、表面の皮膚との間に隙間ができてしまいます。そのあまった皮膚が、顔のシワたるみといった老化の原因になってしまうのです。

つまり、骨密度の低下が老け見えの要因になっていたのです。

シワ・たるみ予防のための骨を強くするトレーニング

シワ・たるみの多い人は骨密度が低く、若く見える人は骨密度が高い。

老け顔の原因に、骨密度が深く関わっているなんて驚きですよね。

では、どうすれば見た目の若さをキープすることができるのでしょうか?

それは、すばり骨を強くすることなのです。

ここからは、簡単にできる骨を鍛えるトレーニング方法についてご紹介します。
いずれもハードなものではなく、今日からすぐにでもできる運動です!

Step1~かかと落とし運動

かかと落とし運動を行う女性

まずはかかと落とし運動(当ブログでも以前に取り上げており、一番人気の高い記事でもあります。)

実はかかと落とし運動は、美容と健康の両面でアンチエイジングが期待できるとされています!

かかとに刺激”が加わると、その振動が全身の骨に伝わり、骨の新陳代謝が上がり、骨を作る細胞が活性化され骨密度が高くなるのです。

かかと落とし運動のやり方】

  1. 背筋をのばし、足を肩幅ほど開きつま先立ちになる。
  2. 両足のかかとを上げ下げする。
  3. 自分の体重を両足のかかとにかけるようにストンと下ろす。

※写真の足は閉じていますが、肩幅ほど開いて行ってくださいね!

目安は1日50回ですが、1日30回(約1分程度)から効果があります。

さらにかかと落とし運動を行うと、骨を作る細胞が働く時にオステオカルシンという骨ホルモン物質が出ることが分かっています。

このオステオカルシンは、骨から血液を通して全身に広がり、心臓や肝臓など全身の臓器に若返り物質を届けてくれることが分かっています。

《かかと落とし運動で予防効果が期待》

  • 骨粗しょう症予防
  • 血糖値低下
  • 糖尿病対策
  • 認知機能の向上
  • メタボ予防
  • 動脈硬化予防
  • がん予防
  • 白髪・抜け毛予防
  • 皮膚のコラーゲンがアップする(シワ・たるみ改善)

かかと落とし運動は、ただかかとを上げ下げするのではなく、かかとに刺激を与えるのを意識して行ってください!

Step2~階段などを使った踏み台昇降

続いて、踏み台昇降です。

踏み台昇降と言えば「学生の頃にやった記憶が…」という方が多いと思いますが、
かかと落とし運動と同様に、踏み台昇降を行うことで、かかとに刺激を与えられるので、
シワ・たるみの改善につながるのです。

段差は15cm がベスト。自宅に階段があればそれを利用してください。

  1. 右足から上がって右足から降りるを50回。
  2. 左足も同様に50回。

ポイントは、足全体で着地するイメージで行ってください。

自宅に階段がない場合は、外の階段を。でも少し人目がはばかられますね。

そんな方は、踏み台昇降↓を一つ持っていてもいいかもしれません。
多くの方がダイエットや筋力維持に使われているようです。

Step3~段差からジャンプ

最後はジャンプです!

ジャンプすることでしっかり骨に振動を伝えることができます。

1日50回、15 ㎝ 程度の段差や階段からジャンプして降ります。
この場合、両足を揃え軽く床に降りる程度で大丈夫です。

また階段からのジャンプだと足に負担を感じるという方は、その場でジャンプするだけでも大丈夫です。

さいごに

以上が、かかとを刺激して、骨ホルモンに増やして骨を強くするための簡単トレーニングほうでした。

かかと落とし運動を2週間継続して行うと、骨ホルモンの量がUPすることが分かっています。

骨を強くするとカラダ全体の健康だけではなく、シワ・たるみも予防改善されるとは!
究極なアンチエイジングと言えるかもしれません!!

ぜひ毎日継続して、ステップアップしていきましょう。

こちらの人気記事も是非♪

コメント