スポンサーリンク

肩こりがあっという間に解消する簡単セルフケア!

肩こりの女性 からだケア

日本人の国民病とも言える肩こり。悩まされている人がとても多いですよね。
私も仕事中は1日じゅうパソコンとにらめっこで、肩は慢性的にガチガチです。

そんな中、先日友人がある身体のセルフケアのセミナーを受けてきたということで、いくつか簡単な方法を教えてもらいました。

その中で私も実践してみたいと思ったのが「肩こりが解消できるセルフケア」です。

ただそれがちょっと不思議で、肩を揉んだり叩いたりなど一切しないのです。
しかも、ものの数十秒で終わるのです。

肩こりがヒドい方、自分ひとりで簡単にできるので、ぜひ試してみてください。

さとう式リンパケア

このセルフケアは、「さとう式リンパケア」といいます。

考案者は歯科医師の佐藤青児さんというお方で、肩こりを瞬時になくす歯科医師さん(?)らしいです。

どうやら著書もいくつか出されているようですよ。

数10秒で肩こりを解消する方法

では、さっそくやり方をお教えします。

用意するものはタオルを1枚。(バスタオルでも大丈夫だと思います)

やり方はとても簡単です。繰り返しますが、肩を揉んだり押したり引っ張ったりしません。
そっと触れるだけです。

片手バンザイ体操

  1. タオルを10 cmほどの高さに折りたたみます。
  2. 仰向けに寝て、たたんだタオルを片方の肩の下へ置きます。
  3. タオルを敷いた側の腕のヒジを直角に曲げ、手を挙げた状態にします
  4. 反対側の手で、タオルを敷いた肩を押さえます。
  5. その姿勢をキープしながら深呼吸を3回します。
  6. 手を逆にかえて、(1)~(4)を繰り返す。

以上!たったこれだけです。

半信半疑でしたが私もやってみたら…

『たったこれだけで肩がすっきり、軽くなる感覚が!』

不思議です。

実は今回お伝えした方法ですが、以前にテレビでも「タオル1枚で肩こりが治る」ということで紹介されていたようです。

探してみたらyou tube動画にもUPされていました。

さとう式 症例4 10秒で肩こりが消失 実践と結果

なぜ揉まずに肩こりが解消されるのか?

「肩のマッサージをしてもらったら、さらに肩こりが悪化してしまった」という時ってありませんか?

「さとう式リンパケア」では、パンパンに張った筋肉に圧力を加えると、より硬くなってしまうと考えられており、肩をギュウギュウに揉んだり押したりするのは逆効果とのこと。

コリをなくし肩が自然に動くようにするためには、硬直した筋肉は揉みほぐすのではなく、柔らかく緩めることがポイントなんだそうです。

人間の頭は、大人なら約5キロもあるんだそうです。

その重さを首の骨と筋肉で支えています。首の骨は中心より後方についているため、頭を支えるのは負担になりやすいのです。

肩こりの状態は、後ろの筋肉が前の筋肉に引っ張られ、つっ張った状態になっていると考えられています。

そこで、肩の前側の筋肉緩めてあげれば、後ろ側の筋肉も緩み、コリがほぐれて解消されるということだそうです。

緩めてあげるには、揉んだり押したり引っ張ったりせず、

そっと体に軽く触れることなんだそうです。

分かったような分からないような…。

でも、ものは試しにぜひ、やってみてください。

重い肩が軽くなるのを体感できると思います。

このセルフケアは即効性がありますが、ずっと長く持続するものではないそうなので、毎日継続することが大切だそうです。

さいごに

従来のマッサージ・指圧・整体などとは真逆をいくこのセルフケア。
あっという間に自分でできるのでオススメです。
ただ欠点は、仕事中にできないことかしら?

寝そべるスペースがあればできますが、場所を選びますね。

家でリラックスしながらやろうと思います。

コメント