スポンサーリンク

断水になっても困らない!自宅で簡易トイレを作る方法

簡易トイレくらし

運よく自宅の被災は免れたものの、ライフラインが止まってしまった。そんなときの対策は万全ですか?
実は我が家は飲料水や食べ物の備蓄はある程度用意していたんですが、肝心のトイレを見落としていました…。

そこで断水で自宅のトイレが使えなくなってしまっても、誰でも簡単にできる『簡易トイレの作り方』を調べてみたので備忘録として残しておきます。

簡易トイレを作る時に用意するものは?

段ボールは使用しません。

用意するものは

  • ポリ袋(45ℓサイズ)2枚
  • 新聞紙

この2点だけです。

尚、凝固剤やペット用のシートなどもあればGOOD。

最近では、若い一人暮らしの方だと、新聞を取っていない方も多いと思います。その場合は、マガジンなどの雑誌で、ある程度吸水力のある紙で代用してください。

(不要になった衣類を使えば、究極の断捨離方法にもなるかもしれませんね)

 

ちなみに、ポリ袋(45ℓサイズ)を広げた時に、そんなサイズではなくても普通のスーパーの大き目のレジ袋などで代用できるのではいかと思ったのですが、やはりそれだと小さかったです。便座に十分に広げられないため、やはり45ℓの大きさは必要だと思います。

すぐにできる簡易トイレの作り方

では簡易トイレの作り方をみていきましょう。

便座の下に1枚ポリ袋を敷きます。

( これは、受け皿として汚れ防止と排水に流れないためのものになります)

簡易トイレ

②さらに便座の上にもう1枚のポリ袋を覆います。

③新聞紙を何枚か破って敷き詰めます。(新聞紙が吸水力を高めてくれます)

簡易トイレ2

はい、これで完成です!!

ポリ袋と新聞紙さえあれば、3分もかかりません。これなら自宅で誰でも簡単にできますね!!

 

あとは

④そこに用を足したら、またさらに新聞紙で覆います。

(目隠しと、ある程度の臭気をとってくれます)

重ねた上のポリ袋だけを取り出し、しっかり口を結んで密閉しゴミへ捨てます。

 

ポイントは、ポリ袋を2枚使用するという事!
この簡易トイレは自宅のトイレ(便座)で使用しますので、1枚だけだと直接便器についたポリ袋を触ってしまう事になり、手が不衛生になってしまいます。ただでさえ、断水している状況下では手が洗えないので、2枚に重ねて使用する事によって衛生さが保たれるということです。

断水復旧後、トイレ使用で注意したいこと

「ワーイ、水が出た!!」

断水が復旧すると、ポリ袋も新聞紙ももう必要ありません。喜び勇んで、すぐにトイレの水をジャーと流したくなると思うのですが、ちょっと待った!!!

トイレの水を先に流してはいけません。
断水復帰後は、水道管に空気がたまっている状態で、圧縮された空気が一気に供給されると衝撃がおこり、トイレの部品やタンクなどが破損する可能性があるんだそうです。せっかく水道が通ったのに、またトイレが使えなくなるなんて悲しいことにならないようにするためには、どうしたらよいか。
断水復旧後は、トイレ以外の蛇口からひねること!!
トイレ以外の洗面台お風呂キッチンなどから水を出して、その後にトイレを使うという事を覚えておきましょう。

さいごに

今は市販の簡易トイレグッズが沢山販売されているので、それを用意しておくのがいいに越したことはありません。

でも、いざという時にこの方法を知っていれば、こんなものがなくても、自宅にある新聞紙とポリ袋ですぐに簡易トイレができますね!

知識も備えあれば憂いなしです。

コメント