スポンサーリンク

40代からの尿トラブル対策。頻尿を簡単に改善する方法。

トイレ からだケア

「最近トイレが近くなって大変」
「夜中に起きてトイレに行くようになってしまった」

40代になって頻尿になって困っているわという人はいませんか?
特に、夜中に何度も起きてしまう程になると睡眠も妨げられ辛いことでしょう。

だけど尿にまつわるトラブルって、友人や家族にも相談しづらいですよね。

しかし、そんな方へ耳寄りな情報です。
実は、身体のある部分を刺激すると頻尿が改善されることが分かりました。
そこで今回は、「頻尿を簡単に改善する方法」と「頻尿にならないためのトイレトレーニング」についてもご紹介します。

頻尿とはどんな症状?

「さっきトイレに行ったばかりなのに、またトイレに行きたくなる」

通常、人は1日に5~7回ほどトイレに行くといいます。

ところが頻尿になると、少量しか溜まっていないのに尿意をもよおしてしまい、1日に何度もトイレに行きたくなります。

特に40歳以上の女性は「骨盤底筋のゆるみ」などにより、頻尿になりやすいと言われていますよね。私自身も感覚的に若い頃よりもトイレが近くなっているなと感じ始めています。

ちなみに、次の2つにあてはまる方は頻尿にあてはまるそうです。

  • 日中起きている時間に8回以上トイレに行く人
  • 就寝中に尿意で目覚めしまい、夜中に1回以上トイレに行く人

いかがでしょう?
「あてはまっているかも…」と思っても、病院に行かずやり過ごしている方も多いのではないでしょうか?

「足踏み」で足の裏を刺激すると頻尿が簡単に改善?!

青竹踏み

でも、そんな方にぜひ試してみてほしいのが、これから紹介する「頻尿を簡単に改善する方法」です。身体のある部分を、あるモノを使って刺激するという方法です。

実際の医療現場で、薬のいらない治療法ということで行われています。

それは、青竹踏みを使った「足踏み」です。

若い方は青竹踏みと言ってもなじみのない方もいるかもしれませんが、昔はどこの家でも一家に一つなんとなくあった健康器具、あの青竹踏みです。のるとイタ気持ちいいですよね(笑)

その青竹踏みで足の裏を刺激することで頻尿を改善してくれるということなんです。

なぜ足踏みが頻尿を改善するのか?

青竹踏みで足踏み

実は膀胱の神経は、腿やふくらはぎを通って足の裏まで伸びています。足踏みで足の裏を刺激することによって、その信号は膀胱にまで伝わります。

そうすると膀胱の興奮を抑える物質が分泌され、機能を正常に戻してくれることが分かっています。

つまり青竹踏みで足の裏をしっかり刺激することで、膀胱の神経が刺激され、尿意の異常を治してくれるのです。実際に、この足踏み方法で約3割の人が改善したという報告も上がっているそうです。
方法は、とても簡単です。
朝晩の2回、青竹踏みで3分間足踏みをするだけなんです!

足踏み実践報告!

私には80手前の母がいますが、多いときは夜中に3~4回起きてトイレに行くという頻尿でした。本人にも明らかに頻尿という自覚はあったものの、今まで一度も病院で診てもらったことがないそうです。

そんな母に青竹踏みによる足踏みをすすめてみました。それが昨年11月の事です。

・・・あれから2か月。

今でも夜中に1回はトイレで起きてしまうそうなんですが、3~4回起きることはなくなったそうです!

まだまだ頻尿と言えるかもしれませんが、それでも明らかに改善していると思いませんか!!

母曰く「以前よりぐっすり眠れるのが嬉しい!」そうです。

ちなみに母の場合は、朝晩と言わず、台所に立っている間はしじゅう青竹踏みで足踏みしているそうです。(現在も継続中)

程度が深刻でなければ、本当に青竹踏みによって頻尿は改善できる可能性は高いのではないかと思います。

頻尿にならないための大人のトイレトレーニング

「会議や来客の前に念のためトイレに入っておこう」

それほど尿意がないのに、念のため早めにトイレに入ったりすることってありますよね。

実は”念のため”行っているトイレ習慣がクセづいてしまうと、膀胱に尿が溜まるキャパ(容量)を狭くしてしまうそうなんです。そうなると膀胱に尿をたくさん蓄えることができなくなってしまい、頻尿につながってしまうのだとか。

そこで頻尿にならないために、日常で予防できるトレーニングをお教えしましょう。

「尿意を感じでもすぐにトイレに行かずに我慢する」ことなんだそうです。

このトレーニングを行うとトイレに行く間隔が長くなり、膀胱のキャパ量も多くなるということなので、最近「トイレに行く間隔が短くなったかも」と感じる方は日頃からこのトイレトレーニング(←私が勝手にネーミングしています)をするといいですね!

ただ我慢しすぎても体に悪いと思いますので、「少しづつ我慢する」ことから試してみましょう。

さいごに

尿トラブルでお出かけが億劫になってしまったり、日常生活に支障ができてしまうのは困りものです。できるだけそうならないために、早めに「青竹踏みで足踏み」&「トイレに行くのを少し我慢するトイレトレーニング」で予防・改善していきたいですね。

わたし自身も「トイレに行く間隔が短くなってきたなぁ」と感じているので、これから実行していきたいと思います。

 

鎌田式スクワットは、骨盤底筋を鍛えることができます!

コメント